現在、会社のホームページをワードプレス(WordPress)へ移行作業中です。

これまでのホームページは前の担当者が「Microsoft Expression Web 4」で作成していましたが、本来業務が忙しくて更新が途絶えていました。私が担当者になったことから更新作業が簡単な「WordPress」で作り直すこととしました。

すでに会社のホームページがあったことから、はじめは「Local by Flywheel」を使用して自分のPC内にローカル環境で作り込み、完成したものを Canonet共有ホスティングサービスのサーバに「Filezilla」でアップロード。そしてCanonetサーバのphpmyadminを開いて、ローカルのバックアップファイル(local.sql)をインポートしようとするが、ここで何度やってもエラー。「utf8mb4」がなんとか・・・

幸いサーバ上のWordPressは動くので、バックアップの復元はあきらめて直接編集することにしました。そしたら、「使用中のPHPのバージョンが古すぎる・・・」との表示。

もう少し詳しく調べてみると、現在当社が契約している共有ホスティングサービスのWebサーバ【W1】の仕様は「WordPressの管理画面からWordPressのアップデート及びプラグインの更新ができません」とのこと。これじゃ使えない(-_-;)

サポートに電話したら、php5.6やMySQL5.7にも対応した【W2】への移行は無料とのことなので、さっそく移転申込書を送りました。

そんなわけで、完全リニューアルまでもうしばらくお待ちねがいます。